適正価格で納得の価値あるお墓づくりなら岡山県井原市の井原石材

ブログブログ記事一覧 >

2017年7月1日更新

国産墓石を加工しました

お客様の依頼いただき、愛媛県産伊予大島石を加工しました。大島石は、良質な石質と、墓石材として古くから墓石として使用された実績を持ち、全国的に人気のある高級墓石材です。近年では、国産の石でも外国で墓石に加工される事が増えてきましたが、弊社では自社工場での加工を希望される方が増えてきました。

 

原石の入荷風景

 

 

大材の切断風景

 

ダイヤモンドのチップの取り付けられた刃を使って、大材を切断します。この機械に取り付けてある刃で直径2m以上もあり、1面切断するのに3時間程度の時間がかかります。

 

 

大材の切断が終わった所です。精度の高い製品を作るため、この状態から段々小型機械による切断に移行していきます。

 

 

 

 

段々お墓の形になってきました。

 

 

最終的には直径50cmぐらいの刃で切断します。直径の小さい刃で切断する程、精度の高い製品になります。ここから艶を出す研磨作業に工程を移していきます。

 

平面研磨作業の風景

 

全自動の平面研磨機です。写真の中央上に見える円盤の下に砥石が取り付けてあり、番手の違う8枚の砥石が自動で入れ替わり、艶を出していきます。

側面研磨作業の風景

 

側面を研磨する機械です。平面研磨機同様、全自動で砥石を替えながら艶を出していきます。

 

全自動機械で加工ができない部分は、手作業で切断、研磨をしてお墓が出来上がっていきま

す。その後、組み立て検品の工程を経て、文字を彫刻して墓地へ設置します。

組み立て検品

 

 

設置風景

 

 

 

 

完成写真

 

原材料の吟味から設置まで約半年の期間を経て無事完成することが出来、喜んでいただきました。