適正価格で納得の価値あるお墓づくりなら岡山県井原市の井原石材

ブログブログ記事一覧 >

2017年7月3日更新

流水設備を製作しました

今回のお仕事は、奈良県吉野郡下市町にある、丹生川上神社下社様からのご依頼でした。同社は日本最古の水神様が鎮座する場所で、水に関連する石造物を製作してほしいというお話でした。

原案

 

 

頂いた原案です。自然肌の石材から水が湧き出て表面を流れる様にというイメージでした。

まずは雰囲気を掴む為、現地に伺わせていただきました。

 

丹生川上神社下社の現地風景

設置予定の場所

 

 

現地を採寸してイメージを膨らませながら、使用する石材を選定しました。

 

石材の選定

 

 

何万個という石材からイメージに近い物を探していきます。

 

 

 

 

選定した石材

 

 

選定に三日程度かかりましたが、イメージに近い石材を見つけることが出来ました。重量が10トン以上の物で運搬が困難な為、写真の赤線部分を現地で割りました。

 

割った後の写真

 

横に向けて割ってあります。この時点でも8トンぐらいあります。ここから工場に運搬します。

 

工場での写真

 

 

どうにか持って帰れました。ここから表面の調整作業に入ります。

 

表面の不要部分をピックで取り除きます。

 

打ち合わせ

 

 

実際の石材を見てもらい、詳細な加工の打ち合わせを行います。

 

作業開始

 

 

機械による作業が不可能な為、全て手作業で加工しました。写真はハンドグラインダーを使って切り込みを入れている所です。

 

 

 

 

細部のサンダー仕上加工

 

 

 

 

 

下地の加工が終了しました。ここからは艶を出す作業に入ります。

 

 

 

ハンドグラインダーの作業も困難な部分は手作業で艶を出します。

流水テストの写真

 

実際に水を流して仕上がりのテストをします。

 

文字彫刻の打ち合わせ

 

正面に彫刻する文字の打ち合わせをしました。

文字彫刻部の加工

 

 

文字彫刻

 

 

 

文字彫刻も石材が大きく機械で加工が出来ないため、簡易設備を使用しで彫刻しました。工程も、給水部分の加工を残すのみとなりました。

 

給水部の加工

 

給水パイプの挿入穴をあけました。加工終了後、出荷を待つのみとなりました。

 

出荷

 

 

いざ奈良県吉野の地へ

下地作業

 

設置作業

 

 

 

細部の調整

現地に設置後、再度流水テストを行い、細部加工の調整を行いました。

 

完成

写真の円形部分から水が湧き出て、川を流れ、自然に消えていくというイメージ通りの物を、無事完成することが出来ました。水が流れる部分に人形(ひとかた)を流すようになっています。足掛け一年の作業になりましたが、多くの方に出会いを頂き、製作から、施工まで携わらせていただくき、本当に有難うございました。

お披露目は例祭(毎年6月1日)です。

例祭当日

例祭当日は、正面口の鳥居も綺麗になり、多くの参拝者でにぎわい、多くの方に体験してもらえました。奈良県に行かれる方は是非、丹生川上神社下社にもご参拝ください。